読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ben's diary

管理人 Benの気になったこと等について書いています。



レーシック難民なのか?視力の戻りについて

レーシック

この記事を見てくれてる方は、少なからずレーシックに関心のある方だと思う。

 

わたくしBenは、約7年前にレーシックを受けています。

 

結論から申し上げると、5年間は両目とも1.5にでした。

 

しかし、2年前からだんだん視力が落ちてきて、現在は0.8くらいになってきました。

 

  1. なぜ、視力が落ちてしまったのか?
  2. そもそもレーシックを受けようと思ったきっかけ?
  3. 皆さんは受けるべきか否か?

について、書いていきたいと思います。

 

  • なぜ、視力が落ちてしまったのか?

これはいろいろな理由が重なったと思いますが、一番大きな理由は角膜の自然治癒や眼圧の変化が関係しているのではないかと考えています。

 

そもそも、レーシックとは角膜を削ってピントを合わせるわけなので、削った部分が治ってきてしまったら、視力が戻ってしまうわけです。

 

また、角膜を削った部分は削っていない周りの箇所よりも、強度が弱くなります。そのため、眼圧の影響は、強度の薄い部分に強く出るのではないかと思います。

 

なので、疲れてたり、目を酷使したり、肩が凝ったりすると、頭の圧が変わって、その影響が眼にも出てきてしまうのではないかと。

 

また、これも理由なのですが、ワタクシ、仕事柄、ここ3年くらい毎日7〜10時間近くパソコンを触っています。スキマ時間にはスマホを、いじってたりもするので、相当眼に負担をかけてしまっていると自覚しています。

 

なので、普通に眼も悪くなったという事もあるかもしれません。

以上のような事が様々重なり視力が落ちてしまったなと思います。

 

  • そもそもレーシックを受けようと思ったきっかけ?
もともと小さい頃から近眼でした。
 
たぶんドラゴンクエストⅣのやり過ぎです。ここから視力がどんどん悪くなり、最終的には、コンタクトの度数で言うと、−6.25でした。
裸眼だと0.03くらい・・・。
朝起きて、メガネがないとほとんど何も見えない感じでした。
 
っで、社会人になるとPCも使いまくるじゃないですか。だんだんコンタクトもツラくなり、慢性的に肩こりと頭痛に悩まされる日が続きました。
毎日調子が悪く、何もしていないのに頭痛からくる吐き気にも襲われていてました。
すると、なかなかご飯も食べられず体力も落ち、悪循環に陥っていたと思います。 
 
そんな時に、ふとテレビでレーシックの特集をやっていて、頭痛が改善するかもしれないと知ったのと、某スポーツ選手が受けていたというのが最初のきっかけです。
 
まず、超メジャーなスポーツ選手が受けて、失敗したら、一発でそのクリニックは終わりだと思うんですね。
でもそうじゃなくて、堂々とやれているんだから、きっちりとしたクリニックで診断してもらってから考えようと思いました。
 
その翌週には、まず話だけ聞きに神戸クリニックに行きました。
壁中に著名人の写真(レーシックを受けた人)が飾られていたのが印象的でした。
 
そして1ヶ月後くらいに神戸クリニック(現 神戸神奈川アイクリニック)

www.kobe-kanagawa.jp

でレーシックを受けました。約40万円くらいだったと思います。
 
結果としては、
視力が1.5になった。
頭痛が無くなった。
コンタクトの煩わしさが無くなりました。
 
ただ、冒頭申し上げたとおり、今は視力が落ちてきています。
 
先日相談に行ったら、角膜が厚いようで、もう1回はできるみたいなので、
これ以上視力が落ちるようなら、もう1回受けようかなと思っているところです。
 
  •  皆さんは受けるべきか否か?
さて、記事も終盤ですが、これはハッキリとは言いづらいというのが本音です。
 
個人的には、目立った後遺症もありませんでしたので、おすすめしたいところなのですが、ネット等を見ると、頭痛がひどくなってしまったり、気持ちが悪くなってしまったり、感染症になってしまったり、白くボヤケてしまったり、いろいろな症状が出てしまう方もいるそうです。
 
ただ、これだけは言えるのは、

相場に比べて異常に安いところでやるのは絶対に止めましょう。

そして、興味の有る方は、まずはクリニックに行って、相談をすると良いかもしれません。
 
この記事が何らかのきっかけになればと思います。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。