読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ben's diary

管理人 Benの気になったこと等について書いています。



TOEIC 新試験(2016年5月からの変更点)難易度は?

TOEIC

さて、昨日久しぶりにTOEICテストを受けてきたわけですが、(第205回2015年11月15日)ネットサーフィンをしていたら、2016年5月からTOEICの出題形式が変更になるということを遅ればせながら知りました。なぁ~に~!!ですね。

参考(IIBC)
http://www.toeic.or.jp/press/2015/p049.html

 

TOEICのスコアは、国家公務員採用総合職試験で加点があったり、就職・転職で有利に働いたりすることは広く知られていると思います。 国家公務員採用総合職試験では、TOEICで600点以上だと15点加点。730点以上だと25点されます。
しかも5年前のスコアまで有効!

参考(人事院
http://www.jinji.go.jp/kisya/1312/sougoushoku-eigoshiken.pdf

 

そこで私が気になったのは、

・試験は難しくなるの?

・2016年4月までに受験しておいた方が良いの?

の2点です。

 

私の個人的な意見としては、

・試験は難しくなる(テクニックで解ける問題が少なくなる)。

・2016年4月までに受験しておいた方が絶対に良い!

です。

 

以下、考えを述べます。

まずTOEICについてですが、ここ2~3年で対策本がかなり出てきて、高得点を取れる方がかなり増えてきていると思います。

そこでETSも少しずつですがこっそり難易度を上げていると感じます。

これは昨日のテストからも感じました。

なので、3年前に700点取れた人は、今の難易度だとおそらく700点取れません。

そうしないとボリュームゾーンを400点~600点に維持できないですからね。

 

でもTOEICで700点取ったという事実は、3年前でも今でも一緒です。

さきほどの公務員試験の話で言えば、今高得点を取っておけば5年間は使えるということです。

 

っで、今の傾向を踏まえると、対策は新公式問題集をやり込むことは大切ですが、新公式問題集だけでは不十分です。なので、対策本を買って地道に1問ずつ解く必要があります。 TOEIC対策スクールもありますが、対策本に比べて非常に高いので、費用対効果という面では対策本がベストです。

 

ですが、会社で費用を出してくれるという人や、強制的に通わないと勉強をしないという人はスクールを利用しても良いと思います。

 

<参考図書>

・500点を超えるためにやった教材

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

 

まずはETSの新公式問題集Vol.5をしっかりやりました。解説をしっかり見て、わからない単語にはちゃんとマークをつけて何回も繰り返しました。答えを覚えてしまうくらいで良いと思います。最終的にはTEST1とTEST2を800点くらい取れるようになったら(まぁ答え覚えてしまっているんですが・・・。)、公開テストで500点を超えました。 

 

・600点を超えるためにやった教材 

CD付 はじめての新TOEIC テスト 全パート総合対策 (はじめての新TOEICテストシリーズ)

CD付 はじめての新TOEIC テスト 全パート総合対策 (はじめての新TOEICテストシリーズ)

 

 はじめてではなかったのですが、本屋に行ったらオススメしてたので、これを一冊やりました。どの本をやるというよりも1冊をしっかりやったのが良かったのかもしれません。

 

・700点を超えるためにやった教材

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 当時、発売したばっかりの新公式問題集Vol.6をやり込みました。というか、答えだけをずっと読んでました。2時間計って問題を解くことは最後までしませんでした。とにかく知らないものは解けないので、サッサと答えをどんどん見て覚えてしまいましょう。考えるだけ時間の無駄だと思います。

 

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

 

本屋でオススメしてたので、これもやりました。過去の新公式問題集から単語を引っ張ってきているのだと思います。なので、ここに出ている単語は本当に良くでるのでこの本をやると1周り単語に強くなると思います。

 

1駅1題  新TOEIC TEST文法特急

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

 

これも本屋でオススメしていたので、金のフレーズと一緒に買ってやりました。1問が短いのでパパっと進めるので非常に良かったです。 

 

・最近やった教材

昨日のブログでも紹介しましたが、これをしっかりやるとPart7の問題をかなり解くことになりますので、ボリューム的にも苦手感が薄れると思います。

 

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

 

これは時間が無くて、全部はできませんでした。これもやっておけばもう少し点数が伸びたかもしれません。12月にも公開テストを受験する予定ですので、これをしっかりやって第206回のテストに臨みたいと思います。 

 

<2016年5月からの試験形式について気になったところ>

参考(IIBC)
http://www.toeic.or.jp/info/2015/i025/i025_01.html

 

<リスニングセクション>

Part1について

問題数が10から6に減ります。

写真を見て比較的簡単に解ける問題が4問減ってしまうので、全体として難易度は上がるのではないかと思います。

 

Part2について 問題数が30から25に減ります。

このパートは短い文なので聞き逃したら一発アウトです。

ここが5問減るのは朗報!っと思ったのですが、リスニングパート全体として “Elisions(省略形: going toが gonnaなど)” も出るらしいです。

「ガナ:going to 」とか「ワナ:want to」とかそういうのだと思いますが、これはいろいろ聞いておかないと対策できなさそうです・・・。

なので、対策ができれば難易度はそんなに変わらないかもですが、未対策だとつらい結果になりそうです。

 

Part3について

Part3は問題数が30問(3×10)から39問(3×13)に増えます。

現状は2名の会話ですが、3名の会話も導入されるようです。

これはちょっとややこしくなるかもしれませんね。

また図と情報を関連付ける問題も出題されそうです。これは、会話以外にヒントが与えられるということなので、個人的には必ずしも難易度が上がるとは限らないと思います。

 

Part4について

Part4は問題数の変更はなしです。

Part3と同じように図と情報を関連付ける問題も出題されそうです。

これも難易度が変わるかどうかは不明です。

 

<リーディングセクション>

Part5について 問題数40問が30問に減ります。

品詞の問題(内容を知らなくても文の構造を知っていれば解ける問題)が減るのであれば難易度が上がると思います。

一方、語彙の問題(その単語を知らなければ解けない問題)が減るのであれば難易度は下がると思います。このあたりはまだ分かりませんね。

 

Part6について

問題数12(3×4)が16(4×4)に増えます。

文章が4つあるのは変わらないみたいですね。

1つの文章の問題が3つから4つになるということだと思います。

数年前までは、Part6はPart5と同じように、空欄の前後を見れば解ける問題が多かったと思いますが、最近は文章全部を読まないと解けない問題が多く出題されているようです。なので結局全部読むことになりそうですよね。

また、単語を埋めるのではなく、文章を選択する問題も出てくるそうです。

文章を選ぶ問題は内容を読めば正解を選べると思うので、単純に単語を選ぶ問題よりは正解を選びやすいのではないかと思います(ただし、時間はかかります・・・)。

 

Part7について

・シングルパッセージが9題(28問)から10題(29問)になる。

・ダブルパッセージが4題(20問)から2題(10問)になる。

・新たにトリプルパッセージ3題(15問)が加わる。

ようです。

 

全体では48問が54問と増えるようです。

語彙の難易度が上がるというよりは、文章を早く読む力がより必要になりそうです。

最近はNOT問題も多いですので、対策本でも推奨したりしている虫食い読みだと良くて700点止まりだと思います。700点以上を目指していくには、文章はほとんど全部読む!ということと、なるべく戻り読みをしないということがキーになってくると思います。

 

以上が2016年5月からのざっくりの変更内容です。

大量の英文を早く読む力が必要になると思いますので、2016年5月からのTOEICテストだと急に点数を上げるのは難しくなるかもしれませんね。

地道に力をつける必要が出てきそうです。

 

っということで、長くなってしまいましたが、

2016年5月までにTOEICテストは受験しておいた方が良いと思います。

 

以下、2016年4月までの試験日程です。

 

TOEIC公開テスト

参考
http://www.toeic.or.jp/toeic/guide01/schedule.html

第207回 2016年1月31日(日) 申込み:2015年12月11日(金)15:00まで

第208回 2016年3月13日(日) 申込み:2016年2月2日(火)15:00まで

第209回 2016年4月10日(日) 申込み:2016年3月1日(火)15:00まで

 

今日は、長くなってしまいました。

この記事が何らかのお役に立てればと思います。

それでは。