それってどうなのよ?的ブログ

管理人 Benの気になったこと等について書いています。気になったニュースから、どうでも良い趣味のことまで。



役立つサラリーマンの身だしなみ ニオイ・ワキ汗対策!

サラリーマンの身だしなみ!ニオイ・ワキ汗対策!

今日はサラリーマンの身だしなみについてです。

やはりサラリーマンたるもの身だしなみが非常に大切!

これはビジネスのみならずプライベートでもそうですが、身なりがキチンとしていれば自信が沸いてくるものです。

日々、ニオイやワキ汗に非常に困っている方も多いと思います。

そこでそれらを軽減したり、防止する生活習慣とグッズを紹介します。

不安要素を打ち消し、自分に自信を持って業務効率をアップさせましょう。

 

<ニオイ・ワキ汗>

加齢臭や汗のニオイ、ワキガ、ワキ汗など、非常に悩みは尽きないと思います。

体質改善・ニオイの事前防止・消臭・ワキ汗パットを組み合わせて対策しましょう。

人間は疲れていたり過度なプレッシャーを感じていたり自立神経が正常でない時に強烈なニオイを伴う嫌な汗をかきます。

そのため、リラックスできる時間を作ることが大切です。

 

<まずは体質改善です。>

(なるべく規則正しい生活をしましょう)

現代の生活を考えると22時に寝るというのは現実的ではありませんが、身体のためには22時~深夜2時がゴールデンタイムと言われているようです。

毎日22時に寝ることはできないかもしれませんが、寝る時間と起きる時間を規則正しくすることであれば比較的できる人も多いのではないでしょうか。

ですので、1時に寝て7時に起きる。

など自分のルールを決めると良いです。

 

(運動)

ニオイのもととなるのは身体の老廃物です。

まったく運動していない人は汗をかく絶対量がたりません。

そのため、老廃物も身体にとどまりがちです。

急にハードな運動をする必要はありませんので、例えばいつもと違う遠回りのルートで最寄り駅まで歩いたり、エレベーターを使わず階段を使うなどをすればいつもの何倍もの運動になります。

あとは毎日10回で良いので腕立て伏せをするのも良いでしょう。

 

(食生活)

美味い物が必ずしも悪いわけではありませんが、ニオイのもとになる可能性が高いのは確かです。

お酒を飲む日や量を減らしたり、ニンニク・ネギなどニオイの強いものを少し控えるだけでだいぶ変わります。

 

<次にニオイの事前ケアです。>

(お風呂)

家では必ず毎日お風呂につかって気分をリフレッシュしましょう。

この際熱すぎるお湯だと逆効果です。

じんわり汗が出るくらいのお湯で身体を芯からあたためましょう。

また水分を多く取り、身体の毒素を吐き出しましょう。

入浴剤を入れるとより効果的です。

 

(毎日、髪と身体を洗う)

その後、毎日髪と身体を洗いましょう。

特に気をつけるのは耳の裏です。

ここは見逃しがちですが汗のニオイが溜まりやすいので気をつけてください。

加齢臭が気になる方は、それ専用のものを使うとより効果が期待できます。

 

(足のつめ)

足に汗を多くかく人は、足も必ず毎日洗いましょう。

また足のつめは伸びていませんか?

特に足の親指の爪のわきは、アカやゴミが溜まりやすく、強烈なニオイのもととなりますので、爪は短く、アカやゴミも取って洗うようにしてください。

仕事中も革靴を脱げる環境の方は、なるべくビジネスサンダルを使用すると蒸れも防げます。

 

(オフロ後のケア)

バスタオルはできれば毎日変える。

バスタオルを何日も使っているとそこには雑菌が繁殖しています。

せっかく身体を洗ったのに、昨日使ったタオルですと、濡れていた時間で雑菌が繁殖しています。

それを身体にこすりつけることになってしまいます。

これが汗をかいた時のニオイのもとの一因です。

タオルは必ずしも良いものでなくても良いので、枚数を多く持っておきましょう。

身体を拭いた後のケアも大切です。

化粧水とボディケアをするような習慣をつけましょう。

特にボディケアをしておくと、自分が爽やかな香りにつつまれますので、気分がリラックスします。

 

(寝具)

枕カバーやタオルケット、マットレスカバー・掛け布団を定期的に洗濯する。

これも上記のバスタオルと同様の理由です。

寝ているときは、知らず知らずのうちに汗をかいています。

さすがに毎日洗濯することはできませんが、可能であれば1週間や2週間では洗うようにしましょう。スウェットやパジャマも同様です。

 

(出社前のケア)

出社前にどれだけケアできるかによって、一日の快適度合いが変わってきます。

まず、可能であればシャワーを浴びて寝汗を洗い流しましょう。

その後、化粧水とボディケアをして、ワキに消臭剤をつけます。

スプレータイプはサラッとだとケアが弱い可能性があります。

ワックスタイプはしっかり濡れるので、ニオイの強い方はワックスタイプの方がおすすめです。

上着・ジャケットにはワキ汗パットを貼っておきましょう。

貼ってあるという安心感だけで不思議といつもより自信を持って生活ができます。

上着は濃い色が多いと思います。

その場合は目立ちにくい黒色がおすすめです。

 

デオナチュレ男ソフトストーンW 20G

デオナチュレ男ソフトストーンW 20G

 

 

 

資生堂 AG+ デオドラントスティックN 無香料 20g (医薬部外品)
 

 

 

あせワキパットRiff ブラック 20枚(10組)

あせワキパットRiff ブラック 20枚(10組)

 

 

(香水)

いろいろなタイプの香水が売っておりますので、自分が好きな香水をつけましょう。

一応ランキングなんかもありますので、載せておきます。

www.amazon.co.jp

 

個人的にはこれが好きです。

 

ヒューゴボス ヒューゴ エレメント EDT 40mL

ヒューゴボス ヒューゴ エレメント EDT 40mL

 

 

自分の好きなニオイに囲まれているという安心感がまた大切です。

 

<事後ケア>

様々なケアを紹介してきましたが、それでも匂ってきてしまったときのために、事後ケアも考えておきましょう。

まずは、汗拭きシートでワキや耳の裏など気になるところをふき取ります。

きれいになったところで、消臭スプレーやワックスタイプの消臭剤を再度つけましょう。

持ち歩き用のタイプも売っています。

スプレータイプであれば、Yシャツや上着のワキにもスプレーをしましょう。

そして最後に香水をつけられれば完璧です。

一日が終わったら、上着にまでニオイが浸透してしまっていたら、必ず洗いましょう。

ちなみにドライクリーニングは無意味です。

ドライクリーニングでは汗のニオイやタバコのニオイは落ちません。

ワキ汗等で匂う場合は、ワキと襟、袖を洗えれば良いので、その部分だけを薄めた洗剤と水で、手洗いするのが良いです。

洗面台で5分くらいでできますので、めんどくさがらずやりましょう。

その後肩幅の広いハンガーで日影干しすればOKです。

 

形態安定シャツ用ハンガー10本セット ブラック

形態安定シャツ用ハンガー10本セット ブラック

 

 

以上、様々なケアを紹介しました。

 

日々自分に自信を持って働けるかどうかは非常に重要なファクターです。

これによって仕事の質も変わってきます。

なんらかの参考になれば幸いです。

それでは。