読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ben's diary

管理人 Benの気になったこと等について書いています。



これから始めるクラッシュオブクラン!初心者必見!

遊び クラクラ

クラッシュオブクランのはじめ方

全世界的に大人気となっているクラッシュオブクラン(クラクラ)ですが、これから始める方もいらっしゃると思います。

 

そこで、何から始めれば良いか、まとめたいと思います。 

 

まずはチュートリアル

ここで、ざっくりと操作方法を説明してくれます。 

オンラインなので、最新情報やアップデート情報もアプリ内で確認できます。

 

絶対にやらないこと!

エメラルドはチュートリアルでできるだけ使わないほうが良い!

 無課金でOK!

 

エメラルドは様々な課題をクリアーすることでもらえますので、課金しなくてOKです。

 

課金すると楽しい序盤と中盤の期間がグッと短くなってしまいます。

 

 この世界では、ゴールドとエリクサーとダークエリクサーとエメラルドという4種類の資源があります。

 

ダークエリクサーは後々出てきますので、最初に扱える資源は3種類です。 

 

この資源を使い、自分の村を強くするというゲームです。

ちなみに終わりはありません。 

 

チュートリアルが終わると数日間、シールドという村を守る盾が発動しますので、攻められることはありません。

 

ですが、シールドが外れると全世界のプレーヤーからランダムで攻められます。

 

反対に自分が攻めて、相手の村から資源を大量に奪えます。

これがこのゲームの醍醐味です。

 

 <主な資源の使い道> 

 

  • ゴールド:村の防衛施設を強くするのに使う。
  • エリクサー:兵士を作るのに使う。
  • エメラルド:防衛施設や兵士を作るのには時間がかかりますので、時間短縮にエメラルドを使う。 
  • ダークエリクサー:序盤は出てきません。タウンホール7から出てきます。闇の兵士を作るのに使用します。 

 

まずシールドが貼られていますので、シングルプレーでゴブリンの村を攻撃して資源をゲットしましょう。

 

得た資源を使って、自分の村を強くします。大砲を立てたり、迫撃砲を立てたり、壁を設置したり、資源ポンプを立てたり、自分の好きなように村をアレンジしましょう。

 

自分の村を成長させるという意味では、育成ゲーム的な要素もありますね。 

その後、シングルプレーに飽きましたら、いよいよマルチプレーに突入です。

マルチプレーでは、全世界のユーザーの村をランダムで表示します。資源が多く、自分の兵士で倒せそうな村に突入しましょう。

勝ち負けは星で表されます。

MAXは星3つです。

タウンホールを壊せたら星1つ、50%以上破壊できたら星1つ、全壊できたら星1つです。

 

なので、90%破壊できても、タウンホールを破壊できなければ、星1つしかもらえません。

 これを繰り返し、自分の村を強くしていきましょう。

 

防衛施設や資源施設にはその村にあった上限があります。

上限はタウンホールという村の核となる施設のレベルに紐づいています。

ですので、タウンホールをレベルアップすれば、施設もそれに順じて強くすることができます。

 

ここで注意したいポイントは、施設のレベルを上げきっていないのにタウンホールをドンドン上げてしまうのは止めましょう。

これは早上げと言われています。

後述する、クラン対戦の際は不利なマッチングにつながるので、良いことがありません。

 

ですので、周りの施設のレベルが全部上がってから、タウンホールをレベルアップさせるようにしましょう。 

 

<クラン対戦について> 

タウンホールが3になると、クランの城を建設できます。すると自分がチームを作れるようになります(クラン)。

 

クラン対戦とは、チーム対抗戦です。

クラン対戦のメリットは、チーム内で援軍を送りあえるようになることや、勝った場合、資源を多くもらえたりするなどです。

チームを組むだけなら、数人で組むこともできますが、クラン戦を行うには最低10人必要になります。

 

最初から10人集めることはなかなか厳しいですので、多くの方は既存のクランに入れてもらう形を取ります。

クラクラは匿名で個人も特定されませんので、必要以上に神経質にならず、どこかのクランに入れてもらいましょう。

 

ですが、ネットリテラシーは守る必要があります。

相手も人間ですので挨拶や礼儀等最低限のマナーは守って楽しみましょう。

 

その他クラクラ系記事

benjournal.hatenablog.com

 

こんなサイトが役に立つと思います。

coc.game-k2.net

 

ドズルさんのYouTube動画は良くみてます。

www.youtube.com

 

今日は以上。