読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それってどうなのよ?的ブログ

30代管理人 Benの気になったこと等について書いています。10代〜30代がやっておいた方が良いことからどうでも良い趣味のことまで。



真田丸 第9話まで。 感想

今日は、真田丸を一気に9話まで見ました。

その感想。

 

滝川一益に信繁(堺雅人)が捕まるシーンはなんなんですかね。

あの小諸城でのやりとりなんですか(笑)お遊戯会ですか。

 

滝川一益(段田安則)の演技は良かったかと。

岩櫃城と沼田城を返してくれるなんて、そして人質を安易に殺さないなんてやはり名将だったんですね。

段田さんと言えば、スイート・ホームというお受験のドラマがめちゃめちゃ印象に残ってます。

94年に放送されてたドラマですね。ロケ地は学習院女子でしたかね。

高田馬場の。当時、山口智子さんが好きだったので毎週楽しみにしてました。

 

まぁ、そんなことは置いといて、

実は、堺雅人と女衆とのコントにもだいぶ慣れてきました。

 

そこには大きく目をつぶって、真田の歴史を学び直すという観点から毎週楽しみに見ることにしました。

 

第8話での、海津城のやりとり、春日信達の最後は可哀想でしたね。

第9話で信繁がこの騙し討について悩むわけですが、やっぱ軽いんだよな〜。

長澤まさみとの会話も舞台を見てるみたい。

長澤まさみがハマってないという、世論もかなりわかってきました。

 

まぁでも、免疫がついたので、1話、2話を見た時よりはだいぶ良くなってきたと思います。

 

今のところ主人公は信繁というよりは父の昌幸ですね。

 

そういえば、信長の野望 天道をやり始めました。

幸村(信繁)を使いたくて真田を選んだのに、開始3時間位で上杉に捕まり、

停戦を断ったらいきなり処断されてしまいました・・・。

そんなことあるんですね。

 

今日は以上。

 

www.nhk.or.jp