それってどうなのよ?的ブログ

管理人 Benの気になったこと等について書いています。気になったニュースから、どうでも良い趣味のことまで。



岡崎慎司 採点 #3 レスター対スウォンジー 4/24

ついに、残り3節、レスターのプレミア制覇が見えてきた。

 
スウォンジーに対して、4対0の勝利。
 
ヴァーディーがいなくても4点取れるなんて素晴らしい。シンプルに早くて、強い!
守備もめちゃ堅い。モーガン最高。
 
今日の岡崎は、個人的には採点6.0。
第一ディフェンダーとして前半からとにかく全力でダッシュ。
相手のパスコースをとにかく切るために動き続けてたので、数字には残らないがチームに必要ということを改めて見せつけた。
 
欲を言えば、ボールを持った際はもう少し自分で仕掛けられると相手はもっと怖いはず。
ほとんどワンタッチで周りを使うことに終始していたので。今日は点を取れなかったが、残り3節で1点は取ってほしい。
 
 
先制点のマフレズは8.0
前半早い時間、チャンスを左足一撃で決めたのはシビれた。アシスト未遂もあったし、マンオブザマッチ。独特なドリブルのリズムは飛び込めない。さらにこの試合ではヴァーディーがいないから、その分いつもよりディフェンスも最後まで頑張っていた。
 
 
2得点のウジョアは7.5
ヴァーディーの代役として余りある大活躍!高さもあるし、キープもできていた。スプリントやスタミナにはやはりヴァーディーに分があるけど、この大事な試合に2得点は漢を見せた。
 
シュラップ6.5
オルブライトンじゃなく、今日はシュラップだった。何度も中盤からドリブルで縦に仕掛けていた。彼の推進力はチームに勢いを持たせていた。ただ、最後のシュート精度や、ラストパスには改善の余地あり。オルブライトンは最後ダメ押しゴール。
 
グレイ
短い時間だったが、スプリント力を見せつけた。将来が非常に楽しみ。
 
キング
ん〜、10番付けてるのに、微妙。
今日は彼の日では無かったか。2点決めるチャンスはあったが、残念。
 
レスターは本当に全員のプレスが早いから、相手が考えてる暇がない。
いつもは60分くらいでスタミナが切れて防戦に回って、何とか逃げ切るってパターンが多いが、今日はそこから2点を積み重ねた。
 
画面を通してでもチームの雰囲気の良さが伝わるし、明日のトッテナムにもプレッシャーをかけられた。
 
ラニエリは本当にモチベーターとして優秀なんだろうなぁ。みんなイキイキしてるし。
 
解説の戸田さんも、こういう風に全員が走ることが出来れば戦えることは分かるが、普通はトップ選手はこんなに走らない。どういう風にこのトップクラスの選手を走らせ続けられるのか、それが分からないって言ってた。
 
フート、カンテ、ドリンクウォーター、モーガン、フクス、シンプソン、シュマイケルはいつも通りハードワークしていた。
キングパワースタジアムの、雰囲気も最高だし、チームの結束力も最高だと思う。
これは残り3節、勝ち続けて欲しい!
 
頑張れレスター!
 
サッカー関連の記事はこちら