読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ben's diary

管理人 Benの気になったこと等について書いています。



ハナクリーンEX ハナクリーンS ハナノア 一気に使ってみた感想レビュー

商品レポート 役立ち情報

ハナクリーンはどれを選べば良い?比較。

好酸球性食道炎と好酸球性鼻炎・アレルギー性鼻炎のおそれアリで、とにかく鼻が詰まっているので、徹底的にダニ・ほこり・ゴミを追い出すことにしました。

メジャーな鼻うがいグッズ。

f:id:benjournal:20160517010313j:image

っで、一気にハナクリーンEX、ハナクリーンS、ハナノアを買って使ってみました。
 
 
箱から出すとこんな感じ。
f:id:benjournal:20160517010318j:image
そう、意外と大きくないんです。
 

使い方はどれも超簡単。

ハナノア 星3つ:★★★
洗浄液を小さな洗浄機具に入れ替えます。
そしてそれを片方の鼻に入れて、ちょっと上を向いて、「アー」っと言いながら洗浄機具を押して液体を出すだけ。この時無理に吸い込まないで、液体が垂れてくるのを待つとうまくいきます。1回の容量は20ml。
ハナノア 300ml

ハナノア 300ml

 

 

ハナクリーンS 星4つ:★★★★
上の写真、真ん中のやつです。これも超簡単、水をCの位置まで入れて、あとはお湯をHの位置まで入れると適温になります。そこに付属のサーレという薬剤を入れてフタをして振ればオッケー!
ハナノアに比べ、お湯なので気持ちいいです。使い方はハナノアとほぼ同じだけど、量が多いし、かなり鼻のゴミや鼻水を取ることができます。容量150ml。
ハナクリーンS(ハンディタイプ鼻洗浄器)

ハナクリーンS(ハンディタイプ鼻洗浄器)

 

 

ハナクリーンEX 星5つ:★★★★★
上の写真一番左です。これも準備は簡単。フタ開けて、水をCまで入れて、お湯をHまで入れて、サーレを入れてかき混ぜればOK!私は、ティファール使ってるので、お湯作るのがめんどくさい人はティファールあるといいかもですね。容量300ml。
っで、ポンプを押せばお湯が出てくるので、鼻に入れればOK!けっこう強く出るので楽です。
 
どれも、基本的にはお風呂で使うのが良いです。鼻水まみれになるのでね。 
ハナクリーンEX(鼻洗浄)

ハナクリーンEX(鼻洗浄)

 

 

  

3つを使った結果 オススメは?

私の一番のオススメはハナクリーンEXです。
やはり一番大切なのは、鼻の中をしっかり洗えるかどうかです。
容量が300mlということと、水圧を調整して強くできるので、間違いなく一番しっかり洗えます。
そして鼻うがいをやる場所はお風呂です。なので大きさは一番大きいですがそれはマイナス要素には感じませんでした。
私は朝と夜、お風呂に入るので、どっちかでは必ず使いたいと思います。
 
最初は鼻水がたくさん出るのですが、300ml使いきる頃にはけっこう水っぽくなるので、しっかり鼻から詰まってたものが流れたという感覚を得られます。
 
次のオススメはハナクリーンSです。
かなり良いんですが、ハナクリーンEXが良すぎるんですね。
けっこう勢い良くお湯が出るので、せっかく洗浄するなら150mlだとすぐ使いきっちゃうかも。わたしの場合は、もうちょっとやりたいなと。
でももう一回お風呂出て作るのはめんどくさいという。
形状が小さいので、宿泊の時に持っていくには最高です。
 
とりあえず鼻うがいしたい場合はハナノア
やはり鼻うがい専用のハナクリーンシリーズと比べてしまうと機能面で少し劣ってしまいますが、取り急ぎ鼻うがいをしたい場合は良いと思います。
ハナクリーンのようにサーレを混ぜる必要もないので、使い勝手は楽です。
ただ1回が20mlなので、何回か入れ直さないと鼻の中をすっきりさせるのは厳しいです。
 
っということで、いろいろ比較してみました。
参考になれば幸いです。
 
 <過去記事>