それってどうなのよ?的ブログ

管理人 Benの気になったこと等について書いています。気になったニュースから、どうでも良い趣味のことまで。



TOEIC 新試験 難易度は? 感想のまとめ

TOEICの新試験 2016年5月29日(日)より新形式

TOEICの試験が、5月29日の実施分から出題形式が一部変わる。

 

<過去記事>

benjournal.hatenablog.com

 

私、これに向けて勉強していましたが、急遽別件ができて受験できなくなってしまった。うーん、受験料が無駄に・・・。返してくんないかなぁ。

 

ぶっちゃけ、難易度が変わり、難しくなると思う。

それが良いかどうかは、今の実力によって全然違うと思う。

 

旧形式は機械的に取れる問題が多く、ちょっとやれば出来ちゃう部分があるので、

おそらく600点くらいまでなら3ヶ月くらいやれば行けたと思う。

 

なので、500点〜600点くらいの人にとっては、今回の変更はきついんじゃないかな。

リスニングが3人になったり、長文を読む量が増えるので、今まで機械的に取れてた部分が一気に取れなくなるので、点が下がる可能性が高いと考えています。

 

一方、500点未満の方は、旧形式だろうが、新形式だろうが、おそらく全然英文を読めてないと思う。なので、あんまり変わらないと思う。

 

そして、700点以上の方は、今までよりも解けなくなるんですが、同じレベルの人や、700点以下の方がもっとできないので、結局解ける問題数は旧形式よりも少ないけど同じ700点レベルはキープできるんじゃないかなと予想しています。

(あくまで予想なんで、ハズしたらすみません。)

 

そして毎回受けて、満点取りまくってる人や業者の方は、本当は受験を止めて欲しい。

そういう方が満点取れないように問題も難しくするわけだし、リスニングもあえて意地悪にモゴモゴしたスピーカーを投入してるんじゃないかと。

 

新形式の問題集も解いてみたけど、やっぱりPart7の読む量が増えたのがキツかった。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

 

 時間をかければ解けるけど、2時間だと私の実力じゃ、全部は無理。

 

いずれにしろ、ネットには5月29日に新形式で受験した感想をいろんな人が出すので、それをまとめてみたいと思います。

 

そんで、次回受ける時の参考にしようかなと。

 

<5/29追記>

さて、今日は新形式一発目のTOEIC試験。

 

ネットの反応を見ると、フォーム番号が無くなったらしく、QRコードが記載されてるらしい。

っで、解答用紙はピンク色。

一説によるとフォームは4種類。

 

やっぱりTOEICマニアが、メジャーフォームだマイナーフォームだとか、研究して

そういった情報をネットに載せてしまうので、そういったことができなくしてきたのかもしれない。

 

フォームが4種類あって、解答用紙がピンク一色、そしてフォームはQRコードで管理ってことであれば、受けた側としてはどれか判別し難いし、マニアにとっては情報を集めるのが今までより一層厳しくなりそう。

 

っで、肝心の難易度ですが、いろいろ見てみると普通から少し難しいとしている人が多かった。

ただ、TOEICは難易度と点は必ずしもリンクしない。

簡単と思う人が多く解答率が高ければ、平均を500点台とかにするように結局調整が入るので。

 

スコアが返却されたら、受験した人がまたネットに書き込みをするので、

今までと比べて点がどうなったかもう少し分かりそう。

 

そんな感じで今日は以上。

 

TOEIC関連記事

benjournal.hatenablog.com