読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ben's diary

管理人 Benの気になったこと等について書いています。



【サッカー日本代表 勝手に採点】 2016/6/3 ブルガリア戦

キリンカップ 初戦

久々の代表戦。本田はベンチ。

日本は過去ブルガリアと5戦。

0勝1分4敗

 

以下、勝手に採点!

基準は6.0を及第点。

 

【日本 7-2 ブルガリア 】

豊田スタジアム

今日はハンパなく強かった!!

<得点>

4分:岡崎 慎司
27分:香川 真司
35分:香川 真司
38分:吉田 麻也
53分:吉田 麻也
57分:宇佐美 貴史
59分:ミハイル アレクサンドロフ(ブルガリア)
82分:イバイロ チョチェフ(ブルガリア)
87分:浅野 拓磨

 

 

【個人採点】

■日本代表 ブルガリア戦スタメン

f:id:benjournal:20160603195838j:image

▼GK
1 川島永嗣 6.0

決定機を1本セーブ。しかし2点取られてしまった。

どっちか一本は止めたいところ。

PKストップは素晴らしかった。なんとか帳尻合わせできたか。

足元はやはり心許ないか。

 

 

▼DF
19 酒井宏樹 7.5

守備に攻撃に、何往復も走り切った。攻撃では右サイドを圧倒した。

内田の復帰は難しいかもしれない。酒井にこのままレベルアップし続けて欲しい。

宇佐美へのナイスクロス!このクオリティーならどのチームでもやれるよ!


6 森重真人 6.0

あわやオウンゴールという場面もあったが、なんとか及第点の守備をこなせた。

攻撃では麻也へ、ヘディングでナイス折り返し。

DF2人で点をもぎ取ったのはかなり心強い。

闘莉王・ボンバー中澤の高さに強かったディフェンスラインを思い出した。

 

22 吉田麻也(後半38分OUT)6.5

ナイスヘッド。憧れの豊田スタジアムで4点目!

さらに、まさかの5点目も麻也!!

2点とも流しこむだけだったが、そこにポジションを取ってるのは素晴らしすぎる。

もはやFW!守備では人に行ってかわされて裏を取られてしまう場面も。

 

5 長友佑都 6.5

ちょっと痩せた?アモーレの平愛梨ちゃんの前で、ナイスピンポイントクロス!

守備では後半集中力が無くなったか?後半14分には不用意なバックパス。

 

 

▼MF
17 長谷部誠 (後半30分OUT)7.0

柏木とのコンビはかなり良かった。ピンチを潰す、ボールを散らすが良く出来ていた。

長谷部がいなくなって、中盤でガツンといく人がいなくなってしまったので、守備の怖さがなくなってしまった。ボールを落ち着かせるという意味でもやはりキャプテンは偉大。

 

7 柏木陽介 7.0

パスの制度、リズムの変化、攻撃面でかなりストロングポイントを出せた。

後半途中からバテたか。あと守備ではもう少し強度を持ってプレスをしたい。

 

10 香川真司 (前半42分OUT)7.5

ドンピシャヘッド。守備では日本のスイッチを入れるためかなりの運動量走っていた。

2点目はおしゃれターンからの流し込み。絶好調!

しかし、守備でボールを取りに行って自分で身体をぶつけた際に右の腰を痛めて交代。

前半42分。大丈夫か?軽いけがであることを祈りたい。

 

13 清武弘嗣 (後半25分OUT)7.5 MOM!

日焼けして真っ黒だった。プレーに自信がみなぎっていた。

オシャレスルー半端ない!かなりいいよ、ブンデス2部じゃあもったいない。

麻也への5点目のアシストは、99%清武のゴールでOKでしょう。

清武・香川・柏木の中盤はボールがドンドン出てくるので今後かなり楽しみ。

 

 

▼FW
14 小林悠 (後半14分OUT)6.0

守備で、スペースを埋めるためにかなり走っていた。そして香川へのナイスアシスト!

ただ、飛び出しには良いボールが出てこず。もう少しらしさは見せたかった。

 

9 岡崎慎司 (前半終了OUT)7.0

飛び出し、そして一発で決めきる決定力はさすが!先制ゴール。

前線からの第一DFとしてプレッシャーをかけ続けた。

 

 

交代出場

11 宇佐美貴史 (前半43分IN)7.0

さすがの決定力。ワンチャンスをものにして、落ち着いて逆サイドのネット決めた。

素晴らしい。守備も最後まで何本も戻ってきてピンチを防いでくれた。

そして個の力でサイドをぶちぬいたのもらしさを見せた。

 

15 金崎夢生(後半0分IN)6.0

ガムシャラ感は相変わらず。貪欲さが全てに出ていた。

しかし若干空回りもしてしまったか、俺が俺がもいいが、もう4分の1歩でいいので、周りと連動して欲しい。

 

18 浅野拓磨(後半14分IN)7.0

前線からのプレスはかなり効果的。パスの部分で精度が落ちるという課題もあるが、圧倒的なスピード、圧倒的なスプリント力。PKもぎ取って自分で決めてジャガー!

タイプの違うFWが出てきてくれたのは本当素晴らしい!斎藤学に望んでたことを浅野がやってくれた。

 

8 原口元気(後半25分IN)6.0

ドリブルでガンガン前を向いてボールを運べるのはやはり魅力的。

気持ちが出すぎてPKを献上してしまったが、やはり必要な選手であることに間違いはない。

 

3 遠藤航(後半30分IN)6.0

ちょっと遠慮してしまったか。ガツンといくところは行ってほしい。

途中出場で、ボランチなのでもっとファイトして欲しかった。

 

2 昌子源(後半38分IN)ー

出場時間が短かったので採点なし。

 

  

【総評】8.0

7対2という結果。

点差が開いたので、後半は緩んでしまった感があるが、前半のレギュラー陣が出れば圧倒的に力で制していた。

見ていてかなり面白い試合だった。

後半、日本がメンバ―を代えるごとに守備の連携が取れなくなってしまったので2失点は仕方ないか。

このレベル相手に7点取って圧倒できたのは、ハリルのサッカーに今後も期待してしまう。長谷部が抜けてしまった時に、そこを誰がやれるのか?ということが今日は気になった。

 

6月7日(火)

ボスニア・ヘルツェゴビナとの決勝も楽しみ!

また勝手に採点するので、良かったらブックマークか、また見に来てください。

それでは今日は以上。