それってどうなのよ?的ブログ

管理人 Benの気になったこと等について書いています。気になったニュースから、どうでも良い趣味のことまで。



【ベランダのハトの巣対策】業者と自分で退治する際の料金の違い。

ベランダのハトの巣対策どうやって駆除をするのか

いつの間にか、ベランダにハトが住み着いてしまった・・・。

おそらく、1回ひなも巣立っている。

退治するためには、いったいいくらくらいかかるんだろう。

 

夏で暑いのでエアコンつけてベランダに一切出なかったら、いつの間にか。

本当にしまった・・・。

 

ハトは、巣を作って卵を産んでしまうと、帰巣本能がすごくで、追い払っても追い払っても帰ってきてしまうので、ベランダに巣まで作られてしまって卵を産まれてしまった場合はもうネットを張って物理的に侵入できないようにするしかないらしい。

 

ハトはフンの被害もあるので、小さい子供がいる場合は特に対策をしたいところ。

 

今回大活躍したのが、コレ↓

ホース!

何よりもまずこれを一番最初にゲットするべき。

 

ベランダはフン以外にもホコリや砂埃とかけっこう汚れている。

このホースがあれば、一気に網戸も一緒にキレイに洗えます。

 

f:id:benjournal:20160830225917j:image

 

っで、うちの場合は、巣もあったし、卵もあったし、ネットも張りたかったので、業者に頼んでしまった。自分でもやろうと思えばできるんだろうけど、時間もかかるし、ストレスもかかるので・・・。

業者の方もこのホースでかなりキレイにベランダを掃除してくれた。

ホースがない場合は、バケツで少しずつ流すので、最低限の掃除で終わるらしい。

業者に頼む場合

・巣や卵の片付け

・ベランダの掃除

・ネットを張る

・消毒

これを全部含めて、都内で税込み50,000円だった。

 

手間を考えると悪くなかったとは思う。

業者は調べるといろいろ出てくるので、電話をして、全部含めていくらでだいたいやってくれるかを聞いたほうが良い。

 

わたしも4社に話を聞いたが、高いところだと80,000円くらいと言われたので、いろんなところに話を聞くと良いと思う。

業者に頼む場合でも、やっぱりホースは用意した方が良いと思います。

 

<Amazonリンク> 

タカギ(takagi) オーロラ NANO コンパクト収納 散水ホースリール 10m RM110FJ【2年間の安心保証】

タカギ(takagi) オーロラ NANO コンパクト収納 散水ホースリール 10m RM110FJ【2年間の安心保証】

 

 

ワンルームの場合は、洗濯機の蛇口から水を取れるアタッチメントがおすすめ。

タカギ(takagi) 洗濯機蛇口用ニップル GWA44【2年間の安心保証】

タカギ(takagi) 洗濯機蛇口用ニップル GWA44【2年間の安心保証】

 

 

自分で対策する場合

卵ができたり、ひなが巣立ってしまっている場合は、もう最初から業者に頼んだほうが良いかもしれない。

 

そこまでではない場合は、自分で対策することも可能だと思います。

料金的には全部買っても、10,000円くらいでいけるんじゃないかと。

 

ネットも自分で取り付けることもできるけど、意外とマンションのベランダって高さがあるので、脚立も必要かも。。

業者の人は、脚立を持ち込んでそれに乗ってました。

 

対策グッズとしては、

・忌避剤

・結束バンド(ハトが止まれないようにするトゲトゲ)

・バラの香り(バラの匂いが嫌いらしい)

・カラスやヘビの置き物

がある。

 

防ハトグッズはとにげ~る忌避剤10ヶ入り602116

防ハトグッズはとにげ~る忌避剤10ヶ入り602116

 

 

 

MARSOL ベランダネット 2.5MX5M 30mm角目

MARSOL ベランダネット 2.5MX5M 30mm角目

 

 

もし、ネットを自分で付ける場合は、ベランダは本当危ないので、落ちないようにだけは気をつけてください。

あと、雨の日は、接着剤が壁につかないので、ベランダの掃除だけにしておいた方が良いです。

 

今日は以上。