それってどうなのよ?的ブログ

管理人 Benの気になったこと等について書いています。気になったニュースから、どうでも良い趣味のことまで。



【サッカー日本代表】厳しかったポーランド戦 採点・感想 #21

ついに来ました運命のポーランド戦!!

先発はセネガル戦から中3日のため、大幅に入れ替え。

今、試合前の段階なので、こんなに代えて大丈夫なのか!?っと思ってます。

でも、西野マジックでここまで来たので、大丈夫だよね?

f:id:benjournal:20180628230052j:image

GK:川島

DF:吉田、槙野

SB:長友、酒井宏樹

DH:山口、柴崎

SH:宇佐美、酒井高徳

CF:岡崎、武藤

 

試合後、採点を書きます!運命のポーランド戦!頑張れニッポン!!

<結果>

0対1で日本ポーランドに敗戦・・・。

 

しかし、他会場のコロンビア対セネガルが1対0でコロンビアの勝利!

その結果、勝ち点で並んだセネガルをフェアプレーの差で上回り、辛くも日本が決勝トーナメントに進出!!!

 

最後の10分は日本は試合に負けて、勝負に勝つ。ということで最終ラインでボールを回してなんとかしのぎきった。

見苦しいという人もいるかもしれない。しかしこの判断を下した西野監督の英断、そしてピッチの選手は素晴らしかった。

f:id:benjournal:20180629020129j:image

<採点>

川島:6.5

川島さん、ごめんなさい。今日は素晴らしい活躍!

横っ飛びのスーパーセーブや飛び出しも見事だった。槙野のギリギリのクリアーでオウンゴールになりそうなボールも良く弾いた。

 

吉田:5.5

槙野とのラインコントロールをしっかりできていた。最後の10分はプレッシャーとの戦い。落ち着いて対応ができた。

 

槙野:5.5

念願のワールドカップ初出場。厳しい戦いだったが良く戦った。ポーランド選手の運動量が少なかったため、そこまで決定的なミスはなかった。

 

長友:6.0

予選3試合を通して常に走り回ってグループリーグ突破に貢献した。左サイドからの仕掛けやセンタリングも見事だった。

 

酒井宏樹:5.5

対人の強さは見せたが、もう少し攻撃にアクセントを付けて欲しかったし、つけれる選手だと思う。

 

山口:4.5

レベルがワンランク落ちてしまう。守備に強いと言われているが、過去の試合を見てもかわされる回数が多すぎる。運動量も特別多いわけではない。そして不用意なファールから失点につながるFKを与えてしまった。

攻撃の場面では、ボランチは相手と相手の間にポジショニングを取り、味方がパスを出しやすいように動かなければならないが、プレッシャーが怖いのか、それをすべて放棄しているように見えた。

あれでは最終ラインの選手や柴崎がかわいそう。無駄に仲間が走ることになる。

山口がボールを受けに動いて、柴崎に渡して、柴崎が前線へ縦のボールを入れるという形が良いが、それができなかった。

 

柴崎:5.5

山口が攻撃のビルドアップに積極的に絡んでこないため、かなり横に横に動いてフリーになってボールを受けていた。ただ、1人だけで打開するのは厳しく最終ラインにまで降りてきてという形も多かったので、もう1列高い位置でボールを持たせてあげたかった。

 

宇佐美:6.0

こんなに守備に走りまくる宇佐美は久々見た。シュートへの意識も素晴らしかった。

途中交代で乾と代わったが、もう少し見たかった。

 

酒井高徳:5.5

いつもより少し高い位置の右サイドで先発。運動量が豊富で攻撃にも積極的に絡んでいた。失点をするまでは日本もそんなに悪くなかったので、失点の場面が悔やまれる。

 

岡崎:5.0

積極的に第一DFとしてプレスをかけていたが、運動量や敏捷性はやはり衰えている。右足首の負傷で後半開始数分で交代。これでカード1枚使わなければならないのは非常に辛かった。

 

武藤:6.0

ワールドカップ初出場おめでとう!積極的にプレスをしてボールの出どころを限定し、攻撃では積極的にドリブル・シュートを放った。宇佐美にパスをしたほうが良かった場面もあったが、それはフォワードなので自分が決めてやるという姿勢は評価したいと思う。

 

<途中交代>

大迫:5.5

岡崎の負傷により急遽出場。試合の展開的にほとんど攻撃ができなかった。完全に不完全燃焼だと思うので、決勝トーナメントで半端なさを見せてほしい。

 

乾:6.5

1点ビハインドの場面で宇佐美と交代。さすがのアジリティで左サイドで起点を作り攻撃にアクセントをつけた。長友とのコンビも良い。

だが、もっとも評価したいのは、チームとして割り切って残り10分を自陣で時間稼ぎをすると決めた場面。

会場のブーイングやこれで良いのかという様々なプレッシャーの中、積極的に降りてきて味方がボールを出しやすいようにポジショニングをしてボール回しの起点に自らなっていた。乾がいなければ残り10分は安心して見ていられなかった。ものすごいメンタルだと思う。

 

長谷部:出場時間が短いので採点なし。

他会場の結果をピッチに伝え、ジェスチャーでイエローをもらうな!っと指示を出した。試合後のコメントでもこれが勝負なんで。と割り切っていた。さすがのキャプテンシー。

 

西野監督:5.5

思い切っての先発6枚替え!中3日ということや、決勝トーナメントも考えての采配。

ベスト8に行くための先発。

 

失点のシーンは崩されたわけではないので、ある意味仕方がない。ギャンブルに勝つことはできなかったが、それよりもこの大舞台で、負けているにもかかわらず腹をくくって時間稼ぎをし、決勝トーナメント進出という結果を出したのは評価したい。

今まで出ていなかった選手が試合出られたのもプラス。先発メンバーを休められたのもプラス。こんな戦い方をできたという経験は絶対に日本を強くしたと思う。

 

次節は、イングランドかベルギー!

ぜひ歴史を作って欲しい。頑張れニッポン!